Toguchi-Design

ゲームをプレイしたり作ったりします。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

はじめに

ゲームの感想については、はじめはせっかくなので今までプレイしてきたゲームを遡って記事を書いていきたいと思います。

 

プレイしたゲームの感想、第一作目は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。

E3でDLCのトレーラーが出ました。


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド エキスパンション・パス トレーラー [E3 2017]

 

感想

この作品は、オープンワールドゲームに求められるハードルを高くした作品だと思います。

オープンワールドアサシンクリードシリーズ、GTA5、MGSV、Fallout4など複数のゲームをプレイしていますが、今作のゼルダはその流れを少しずつ汲みつつもそれを進化させています。

ライミング、パラセールでのどこにでもいける冒険感、物理エンジン・化学エンジン(?)をベースにしたゲームデザインは圧巻です。

特に化学エンジン が実装されていることにより、プレイヤーができると思ったこと全てができる、というカンペキな状況を作り出しています。

正直言って神ゲーです。

戦闘は死にゲー的な雰囲気がありつつもライトでとっつきやすい感じにまとまってて、これもまたいい感じです。

というか、お使い感がない。ヤバい。

 

 

考察

この作品で、これからのオープンワールドゲームには特に

・インタラクション

・フォトリアルとは別方面のアプローチ

が求められていくのではないかと思います。

いやはや、さすが任天堂